2011年 スワンステークス  レース後のコメント

      2012/07/17

京都11Rの第54回スワンステークス(GII、3歳上、芝1400m)は1番人気リディル(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分19秒4(良)。1馬身1/4差1着に2番人気ジョーカプチーノ、さらに2馬身1/2差で3着に10番人気オセアニアボスが入った。

リディルは栗東・橋口弘次厩舎の4歳牡馬で、父アグネスタキオン、母エリモピクシー(母の父ダンシングブレーヴ)。通算成績は10戦5勝となった。

スワンS レース後のコメント

1着 リディル(小牧騎手)
「追い切りが完璧でしたし、その調教の良さがそのままレースで出せました。私は跨っていただけです。次の本番がとても楽しみで、意識してしまいますね」

2着 ジョーカプチーノ(福永騎手)
「前半ゆっくり行って、3コーナーからは馬が自分から走って行きました。全体的に時計を速くしようと思って逃げましたが、それについて来た勝ち馬は本当に強いと思います」

3着 オセアニアボス(石橋脩騎手)
「出して行こうとしたらフラフラして行かないので、ジッとすることにしたら、終いよく伸びてくれました。馬体も気持ちも充実してきています」

4着 サンカルロ(吉田豊騎手)
「1400mでは速い馬がいて、あの位置から外、外を回らされるので、脚は使いますが、最後の最後、伸び切れないです」

ラジオNIKKEI

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - スワンステークス, マイルチャンピオンシップ , , ,