G1・2勝馬の貫禄ボス完勝

      2016/10/25

 内田騎手が騎乗した3番人気のグランプリボス(牡4、矢作)が中団追走から直線で鋭く伸び、1分20秒5で快勝。G1・2勝馬の底力を見せた。2着には1馬身1/4差で6番人気のテイエムオオタカ、3着には7番人気アドマイヤセプターが入った。

 内田騎手は「十分チャンスだと思っていた。安田記念の時も勝ちに等しい2着で、力のある馬だからね」と、パートナーを信じての騎乗だった。

G1・3勝目を狙うマイルCS(G1、芝1600メートル、11月18日=京都)へ向けて弾みをつけた。時計は1分20秒5。内田博幸騎手(42)は今年JRA99勝とし、2年ぶり4回目の年間100勝に王手をかけた。

[PR] スポンサードリンク

うまコラボ

 - スワンステークス ,